FC2ブログ
サムライ、キリスト、ニーチェ、沢田研二… そしてミック・ジャガー
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
最近、やたらと口をついて出てくる歌がある。
ジュリーの「アイビリーブインミュージック」だ。

これ、とても鼻歌向きの歌だと思うのだが、どうだろう。
一度「アイビリーブインミュージック」と言う文字を認識したとたん、
何度も何度もそこを繰り返して歌いたくはならないだろうか。

「アーイビリービンミュージーーィィック」
「アーーイ、ビリービンラーーブ」と歌うと、とても気持ちよくなる。
何もかも忘れられる。疲れもとれる。癒される。
そして、いつのまにか恍惚の表情になってはいないだろうか。

ジュリーがまた、ベタな訳詞をつけている。
「歌の力わかりかけた時だから、いろんな歌をもっと歌ってみたい。
そしてみんなで声あわせ歌えたら、何よりも嬉しいんだ、らーららーららー!」

…そのまんまやないか!

だけどこういう何のひねりもない歌詞こそが
人をして口ずさませてしまうのだ。

鼻歌向きはアカペラ向きでもあるのか、観客とのこの歌での大合唱は
さぞみんなが気分良かったことだろうと想像する。
その場にいれば私もすんなりと溶け込んでいただろう。


スポンサーサイト



copyright © あんな人・こんな人ナナメ読み all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。