サムライ、キリスト、ニーチェ、沢田研二… そしてミック・ジャガー
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「挑戦」は防護服 
昨日書いたこととも関連するが、あいさつというのも「私とあなたは違う」という
ことの表現ではないだろうか(する必要のないあいさつもあるが)。
ルールさえ守っていれば、その内側には誰からも支配されない独立した宇宙がある。

茶道では、あいさつの折には必ず、前に扇子を置くようにと指導される。
あなたと私の間には境界線がある、という意味の「結界」だという。

ずるずるべったりの関係を嫌う人間ほど、
礼儀を重んじるということもあるのではないか。

結婚も同じだろう。恋愛だか、なんだかわからない期間を過ぎれば、
あとは果てしない生活が待っている。言いたいことは言っていいし、ありようも
さまざまだけど、なにより夫婦間の秩序に重きが置かれて当然だ。

何が秩序かを知るためにも、ストイックな自分への挑戦が不可欠となる。
それを身にまとえば、他から制裁されないための防御服ともなる。
本当のロッカーは、見えない刀を携えている。
スポンサーサイト
スポンサーサイト



copyright © あんな人・こんな人ナナメ読み all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。